高級弁当のデリバリー活用術

高級弁当のデリバリー活用術

高級弁当のデリバリー活用術 いま、ビジネスの場面で高級弁当のデリバリーサービスが注目されています。
高級弁当をオーダーすることでメリットが多い場面としては、セミナーも有名です。
ただ単に講師を話を聞くだけより、セミナーのあとに美味しい弁当を食べながら懇談会を開きますとアピールすれば、付加価値に惹かれ集客率もアップします。

また、社内会議の時もちょっと良いお弁当を社員に振舞うことで一人一人のモチベーションが上がる効果もあるでしょう。
コンビニの安いお弁当を配るより、美味しい弁当を配ることで「期待されている」とやる気になる写真も少なくありません。
特に景気が悪くなると「自分の会社は大丈夫かな」と転職を考える社員が増えます。
そんな時も、高級弁当を配布することで経済的に余裕のある会社だと印象づけることができます。

この作戦は取引先にも有効です。
会議や打ち合わせでレストランに行く時間がなくても、欧米で流行っているパワーランチのように、高級弁当でランチミーティングを行えばリラックスした状態で話し合いやすくなります。

高級弁当の賞味期限とそれを維持するための保管方法を知ろう

高級弁当の賞味期限とそれを維持するための保管方法を知ろう 高級弁当を注文するとき、状況によっては弁当を受け取ってからある程度長時間保管をしておかなければならない場合があります。
さまざまな食べ物に設定されている「賞味期限」は、その保管時間の目安にもなります。
高級弁当をつくっている店や会社の多くは、客が弁当を受け取ってから2~3時間を賞味期限に設定していますが、商品によってはそれより少し長持ちするものも少なくなりません。
高級弁当のおいしさを少しでも長く維持するためには、適切な方法で保管するのは不可欠です。
保管場所としても最も適しているのは冷暗所、具体的には温度が1~15度で日光があまり当たらず、風通しも良くて湿度も適度に保たれている場所といわれています。
住宅では冷蔵庫の中がこの条件にもっともよく当てはまる場所にあたりますが、廊下や階段といった通路の中にも冷暗所に近い環境になっている場所がある場合があるほか、冬場だと外も日があたっていなければ良い保管場所となり得ます。